婚約指輪の選び方と同様に結婚指輪選びも難しい

結婚指輪はかなり以前までは、素材や形、デザインなどはある程度きまっていて平凡なものが多く、人によって、あまり違いはみられないという場合が多く見られました。

しかし、だんだんと結婚指輪の素材やデザインもかなり多彩になってきて、それぞれ個人の好みやし好がかなり反映されるようになってきました。

婚約指輪の選び方が難しいのと同様に結婚指輪選びも難しくなっています。

そういったなかで、結婚指輪を選ぶ場合のポイントを示すと次のようになります。

1、まず、素材を絞り込みます。

プラチナやゴールドがいちばんの定番で多くなっていますが、ゴールドでもホワイトゴールドもあれば、イエローゴールドなどもみられ、色に違いが見られます。

またプラチナの場合は、見た目ホワイトゴールドとあまり変わらない銀色のものです。

2、デザインを決めます。

デザインは近年かなり多彩になってきていて、ホワイトゴールドとイエローゴールドのコンビのデザインのもの、小さな宝石が入っているもの、などもあります。

こうしたポイントから結婚指輪を選んでいくとよいです。

基本的にはいつも身につけるものですので、あまり派手ではなく、服装を選ばずにつけることができるようなシンプルなデザインのほうが、よいでしょう。

素材はよいもので、飽きのこないデザインがやはり一番よいです。

婚約指輪との重ね付けができるかどうかも考慮して選ぶとよいです。

◆参考になるページ>>後悔しない結婚指輪の選び方